NEWS RELEASE

三菱電線工業株式会社

2007年4月24日

Hi‐EndオーディオケーブルのB to C型ネット通販を開始

 
三菱電線工業株式会社(社長:五十嵐 壽彦、東京都千代田区丸の内3−4−1新国際ビル)は、三菱電線工業販売株式会社(社長:松本 龍輔、東京都千代田区鍛冶町1−5−7江原ビル)とともに、このほど一般消費者向けにネットショップでの高級(Hi−End)オーディオケーブルの販売を開始致しました。
従来、当社ではオーディオ機器ブランドやオーディオケーブルブランドに製品を納入(OEM供給)しておりましたが、新たに、ニッチ商品の販売に適していると言われるインターネットを活用し、Hi−EndオーディオケーブルのB to C型e−コマースに進出致します。
今注目されているロングテール商品市場を掴む新たなビジネスモデルの創出を目指してまいります。
1.オーディオケーブル専用ネット通販サイト概要
Web-shop名 ネット通販HI−ENDオーディオケーブル
URL http://audio-cable.co.jp/
販売 三菱電線工業販売株式会社
製造 三菱電線工業株式会社
2.製品の主な特長
@世界最高水準の7Nクラス高純度銅を使用
導体には、三菱マテリアル株式会社殿(※)において特殊レベルで品質管理された原料・製法で製造される世界最高水準の7Nクラス高純度銅を使用しております。
今回、ネット通販Hi−Endオーディオケーブル“audio-cable.co.jp”で販売する多くのケーブルには、この7Nクラス高純度銅D.U.C.C.導体を採用しています。
三菱マテリアル株式会社殿は超高純度無酸素銅(純度99.99998%)を含む各種無酸素銅及び無酸素銅ベースの銅合金を製造、その生産量は世界の30%を越えるシェアを持つ質・量共に世界一位の無酸素銅メーカーです。
A新素材D.U.C.C.
新素材D.U.C.C.導体(*1) (D.U.C.C.=Dia Ultra Crystallized Copper)
より良い音質を得るため、オーディオケーブル導体は、主に伝送経路上の結晶粒界を減らすことを主眼に置いた改良がなされてきました。当社はこれらの手法に加え、これまで議論されなかった導体の結晶配向性(*2)に着目した研究を行い、導体製造プロセスの初期段階から徹底的な見直しを行った結果オーディオ用として最適な結晶配向が得られる製造プロセスを確立致しました。
このプロセスで製造されたD.U.C.C.導体は、従来製品とは一線を画す伝送性能を有しております。

*1:D.U.C.C.は三菱電線工業株式会社の登録商標です。
*2:結晶配向:物体内で、結晶がランダムではなくある方位に優先的に向くこと。
D.U.C.C.の組織写真 通常銅導体の組織写真
Bこだわりのデザイン
素材からケーブルの完成まで全てのラインをコントロール出来る当社のメリットを最大限に活用しました。素材による音質変化はもちろんですが、同じ工程でもラインの違いにより音質変化があります。通常ケーブルのデザインは、電気・機械等の物理特性を考慮し設計されますが、オーディオケーブルの場合、完成品が同じ材質・構造・物理特性であっても、製造工程で使った撚線機や押出機の種類により音の差異が発生する事がわかっております。当社グループが保有する数多くのラインの中から工程毎に最適なラインを指定しケーブルの製造を行っています。
3.製品ラインナップ
電源ケーブル PC−1 (2本/セット)
スピーカーケーブル SP−1 (2本/セット)
CX−1 (2本/セット)
株式会社村田製作所殿のキャンペーン商品として開発したケーブルです。
スーパーツイーター・バイワイヤリング高域用
オーディオケーブル CX−1 RCA
BL−1 RCA
BL−1 XLR
デジタルケーブル CX−1 RCA
CX−1 BNC
BL−1 AES/EBU
4.販売価格
添付価格表をご参照下さい。    >>価格表はこちら
5.お問合せ先
<本件に関するお問合せ先>
三菱電線工業株式会社
ケーブル事業部 電線システム部 TEL 03−3216−1575

以 上

HOMEへ NEWSへ