ホーム > 製品情報 > 製品群別 > 無線関連製品 > 電波吸収体 > ITS用電波吸収体

電波吸収体

ITS用電波吸収体

一覧へもどる

ITS(高度道路交通システム:Intelligent Transport Systems)の実用化に伴い、道路や車で新しいシステムや通信が次々と導入されています。 三菱電線工業では、ITSの電波環境を改善し、より高品質な通信を実現するため、ユニークな発想と確かな技術力でさまざまな電波吸収体を開発、提供しています。



1.ETC用電波吸収体
2.ITS用高性能電波吸収体 FPシリーズ
3.DSRC用電波吸収体
4.電波吸収シート
5.透明電波吸収体
6.電波音波吸収パネル(壁面直付タイプ)
7.電波音波吸収パネル(支柱隠蔽タイプ)
8.電波音波吸収パネル(JH統一型吸音パネルタイプ)
9.電波音波吸収パネル(不燃タイプ)
10.ETC用電波吸収パネル1
11.ETC用電波吸収パネル2




ETC用電波吸収体

料金所と車載機との5.8GHzの通信で、高速道路の料金支払いを自動的に行なうシステムです。
当社はETCの不要電波対策として、極めて優れた電波吸収特性を持つ電波吸収体「FPシリーズ」を、さまざまな形態で提供しています。また、火災などに備えた不燃タイプや、ドライバの視界を妨げない透明タイプ、音の吸収特性も併せ持つ電波音波吸収体など数多くの製品をラインナップしています。
ETC:ノンストップ自動料金支払いシステム(Electronic Toll Collection System)

直張り補助マット
タイプの取付け
ETCガントリー下部
への取付け
パイプトラス構造の
屋根への取付け
     
音波も併せて吸収する
電波音波吸収体
料金所横に設置された
透明電波吸収体
高入射角対応の不燃
タイプの電波吸収体



ページのトップへ

ITS用高性能電波吸収体 FPシリーズ

特長

独自の密度勾配型構造によって、マイクロ波からミリ波までの広い周波数帯域にわたって優れた電波吸収特性を有します。裏面に金属反射板を必要とせず、曲面などにも簡単に施工でき、ETCをはじめ、DSRCやITSスポットなど、あらゆるITSニーズを満たします。 また、素材自体が難燃性であるとともに、耐日光性をはじめとした耐候性が非常に高く、過酷な使用環境においても初期の性能を長期間維持します。




形状寸法および特性
項目 FP-0.5 FP-1 FP-2
 厚さ(o) 約10 約25 約50
 周波数帯域(GHz) 8〜110 6〜110 3〜110
 反射減衰量(dB) ≧20 ≧20 ≧20
 標準サイズ(o) 1000×2000 1000×2000 1000×2000
 質量(N/㎡) 13.7 19.6 34.3
 使用温度(℃) -55 〜 +90
 難燃性 自消性
 標準色 黒色

ご指定色による着色や、ご要望のサイズ・形状での納入が可能です。

電磁波吸収性能
マイクロと波帯の周波数吸収特性 入射角特性(10GHz)
(社)関西電子工業復興センター生駒電波測定殿で測定


実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・料金所屋根、柱
・ETCガントリー
・表示部及び歩廊部


ページのトップへ

DSRC用電波吸収体

5.8GHz帯の電波を使って、クルマとさまざまなデータを通信するのがDSRCです。ETCはそのアプリケーションの1つです。ドライブスルーでの注文や、ガソリンスタンド・駐車場での料金支払い、マルチメディアコンテンツの配信などさまざまな新しい用途が検討され、すでに実用段階に入っています。
DSRCシステムは主に民間用途なので、電波吸収体には、低コストはもちろん、施工の容易性や、見た目の美しさ、デザイン性なども要求されます。 当社はDSRCシステムの信頼性向上のために、フレキシブルで軽量、安値な電波吸収シートや、周囲の美観を損ねない透明電波吸収体などを提供しています。
DSRC:狭域通信(Dedicated Short Range Communication)

軽量でフレキシブルな電波吸収シート ドライバの視界を妨げない透明電波吸収体

ページのトップへ

電波吸収シート

特長

DSRC用としては、曲面にも取付けられる柔軟性、後付けが簡単な施工性、民間ニーズに応えるデザイン性、高入射角での吸収特性など、多くの技術的要求があります。三菱電線工業では、DSRC用途に最適な薄型シートタイプの電波吸収体を提供しています。シート厚は2mmで軽量、フレキシブル。表面にデザイン印刷しても性能を損なわず、店先などでのDSRC用途にピッタリです。もちろんETC用としても高性能を発揮します。

    


形状寸法および特性
 公称寸法(mm) 300×1000
 厚さ(mm) 2
 重量(N/㎡) 89
 材質 樹脂系、難燃性(自消性)
 適用周波数帯 5.8GHz
 色 応相談、デザイン印刷も可


電磁波吸収性能
 斜入射角度(deg.) 0〜30 30〜40 40〜60
 規格値(dB) 20 15 10
電波吸収体表面対して、垂直方向を斜入射角0度とする。


実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・料金所屋根、柱
・ETCガントリー
・表示部及び歩廊部

ページのトップへ

透明電波吸収体

特長

ETCやITSスポットで使用される狭域無線通信において、より高い信頼性を確保するために、隣接する走行レーン間を電波吸収体で区切ったり、遮音壁に電波吸収体を使用する用途があり、いずれも透明であることが要求されています。 そこで、当社は透明な導電膜と樹脂板とを組み合わせた透明電波吸収体を開発しました。
透明電波吸収体には、ETCレーンとそれ以外のレーンの電磁波環境を整えるために使用される片面電波吸収体と、ETCレーン間の電磁波環境を整えるために使用される両面吸収体があります。




形状寸法および特性
項目 片面電波吸収体 両面電波吸収体
 周波数 5.8GHz 5.8GHz
 標準サイズ 500mm×1,000o 500o×1,000o
 厚さ 約12o 約18o
 重量 約137N/㎡ 約227N/㎡


電磁波吸収性能

*電波吸収体表面に対して垂直方向を斜入角0度とする。
*実測例であり、保証値ではありません。



実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・料金所レーン間
・高速道路の側壁
・ETC表示部、歩廊部


ページのトップへ

電波音波吸収パネル(壁面直付タイプ)

特長

当社の電波吸収体と吸音材をユニット化することにより、吸音性能とともに、電磁波の吸収も兼ね備えたパネルを実現しました。道路の壁面に直接取り付けるタイプのパネルとなっています。




形状寸法および特性
 公称寸法(mm) 500×2000
 厚さ(mm) 85
 重量(N/㎡) 250
 材質 高分子繊維、難燃性(自消性)
 適用周波数体 5.8GHz
 色 表面色はN7(グレー)相当


実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・壁面へ直接取り付けるタイプ
・高速道路の側壁

ページのトップへ

電波音波吸収パネル(支柱隠蔽タイプ)

特長

当社の電波吸収体と吸音材をユニット化することにより、吸音性能とともに、電磁波の吸収も兼ね備えたパネルを実現しました。一般的な支柱隠蔽型の吸音パネルとの互換性を重視しており、施工は従来と同様に支柱(H鋼)に落とし込むだけとなっています。




形状寸法および特性
 公称寸法(mm) 500×1500
 厚さ(mm) 130
 重量(N/㎡) 340
 材質 高分子繊維、難燃性(自消性)
 適用周波数体 5.8GHz
 色 表面色はN7(グレー)相当


実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・一般の支柱隠蔽型吸音パネルとほぼ同重量で互換性あり
・高速道路の側壁

ページのトップへ

電波音波吸収パネル(JH統一型吸音パネルタイプ)

特長

当社の電波吸収体と吸音材をユニット化することにより、吸音性能とともに、電磁波の吸収も兼ね備えたパネルを実現しました。一般的な吸音パネルとの互換性を重視しており、施工は従来と同様に支柱(H鋼)に落とし込むだけとなっています。




形状寸法および特性  
 公称寸法(mm) 500×2000 500×4000
 厚さ(mm) 95
 重量(N/㎡) 290 580
 材質 高分子繊維、難燃性(自消性)
 適用周波数体 5.8GHz
 色 表面色はN7(グレー)相当


 吸音性能   吸音率(JIS A 1405による)
 周波数(Hz) 400 1000
 規格値*1 0.7以上 0.8以上
 実測値 0.81 0.97
*1:日本道路公団殿 設計要領第5集遮音壁設計要領(H6.4)参照


電磁波吸収性能
 斜入射角度*2(deg.) 10 30 50 70
 規格値(dB) 20 20 15 15
 実測値*3(dB) 22 23 27 19
*2:電波吸収体表面に対して、垂直方向を斜入射角0度とする。
*3:実測値の1例であり、保証値ではありません。



吸音率測定結果(参考) 電磁波吸収性能測定結果(参考)


実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・一般の統一型吸音パネルとほぼ同重量で互換性あり
・高速道路の側壁

ページのトップへ

電波音波吸収パネル(不燃タイプ)
−ITSビーコンアンテナ用高入射角対応−

特長

この製品は、電波とともに音波も吸収する機能を付与した電波音波吸収体で、吸収体材料は、不燃材料を使用しています。さらに、表面が角錐状となっているので、特に電波吸収面に対して、高入射角度(浅い入射角度)の電波に対して、高い電磁波吸収性能を有しております。

不燃電波音波吸収パネル パネルの施工イメージ図


形状寸法および特性
項目 規格値
周波数 5.8GHz
電磁波吸収性能*1 0〜45度 20dB
45〜80度 15dB
吸音性能(吸音率)*2 400Hz 70以上
1000Hz 80%以上
パネルサイズ 500mm×2000o
パネル重量 約735N/㎡
*1:電波吸収体表面に対して、垂直方向を斜入射角0度とする。規格値は開発目標値
*2:規格値は日本道路公団殿設計要領第5集 遮音壁設計要領(H6.4)参照


吸音吸収性能 電磁波吸収性能
図1 吸音率測定結果(JIS A 1405による) 図2 電磁波吸収性能測定結果

図1、2は、実測値の1例であり、保証値ではありません。


実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・ETCガントリー
・ETC表示部、歩廊部

ページのトップへ

ETC用電波吸収パネル1

特長

ETC専用品として、当社の電波吸収体FP-1シリーズの表面をFPRで保護し、パネル構造に仕上げたものです。ETC用として十分な強度を持ち、斜入射吸収特性や耐候性も良好です。ETCの不要電波対策として料金所の天井部分などに使用されています。




形状寸法および特性
 公称寸法(mm) 867×1800 867×1200 867×900
 厚さ(mm) 60
 重量(N/㎡) 150
 材質 高分子繊維、難燃性(自消性)
 適用周波数帯 5.8GHz
 色 表面色は2種類あり
N7(グレー)相当、10B5/10(ブルー)相当


実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・料金所屋根
・橋梁部裏面(桁下)
・ETCガントリー
・ETC表示部、歩廊部

ページのトップへ

ETC用電波吸収パネル2

特長

ETC用として開発した電波吸収パネルは、当社の電波吸収体の表面を準不燃FRPで保護した不燃対策品です。アルミメッキ鋼鈑を使用して防錆効果が向上しており、薄型で軽量です。




形状寸法および特性
 公称寸法(mm) 500×1000 500×2000
 厚さ(mm) 30
 重量(N/㎡) 125
 材質 高分子繊維、難燃性(自消性)
 適用周波数体 5.8GHz
 色 表面色はN7(グレー)相当


実績(用途)

・ETC用として各道路公団殿の仕様を満足
・料金所屋根
・橋梁部裏面(桁下)
・ETCガントリー
・ETC表示部、歩廊部

ページのトップへ


*ETCは、財団法人道路システム高速化推進機構の登録商標です。

ページのトップへ