ホーム > 製品情報 > 製品群別 > 無線関連製品 > 電磁遮蔽材(FSS)

無線関連製品

一覧へもどる

電磁遮蔽材(FSS)

周波数選択性電磁遮蔽材(FSS: Frequency Selective Surfaces)は、無線LANや無線IP電話で使用される周波数帯(IEEE 802.11a, 11b,11g)を遮蔽し、その他の電波は透過させる特徴を有しており、不要電波の侵入/放出を防止することができます。一例として、無線LANに使用される2.45GHz帯や5.2GHz帯の電波をシールドし、快適な無線通信環境の実現と情報セキュリティの向上に貢献します。
※5.2GHz帯及び、2波長共用(2.45GHz帯/5.2Ghz帯)タイプについては現在開発中につき、お問い合わせ下さい。

電磁遮蔽材

無線LAN用FSS(1波用)の外観 (左:印刷品、右:透明品)


特長

  • 一枚のフィルムで複数周波数の電波を同時かつ選択的にシールドすることが可能です
  • 無線LANから外部へ放射する電波をシールドすることにより、情報の漏えいを防止し、セキュリティを確保することができます
  • 無線LANに使用される周波数に限定した遮蔽空間が実現できるため、携帯電話など、その他の無線機器はそのまま使用することができます
  • 窓ガラスに貼付しても透視性に優れています

用途例

1.窓用透明周波数選択性シールドフィルム
2.周波数選択性電波シールドカーテン/ロールスクリーン
3.コンサルティング/サイトサーベイ


1.窓用透明周波数選択性シールドフィルム

無線LANに使用される2.45GHz帯、5.2GHz帯の電波だけをシールドし、快適な無線通信環境の実現と情報セキュリティの向上に貢献します。



無線LANのように電波を媒体とする通信では、外部からの到来電波による干渉や情報の漏えいといったセキュリティ上のトラブルが発生するおそれがあり、快適な無線通信環境の実現にはシールド材の適切な使用が不可欠です。しかし、外部からシールドされた環境でも携帯電話など無線LAN以外の電波は透過させる必要があります。本シールドフィルムは、これらの両要求を満足する画期的なシールド材です。

特長

1.独自形状のアンテナ素子(TY型)を採用することにより、周波数を選択的に遮蔽することが可能で、1波長だけでなく、素子の配置を工夫することにより複数の周波数に対応したアンテナ素子が共存でき、一枚のフィルムで複数周波数の電波を同時かつ選択的にシールドすることもできます。
2.無線LANに使用される周波数に限定した遮蔽空間が実現できるため、携帯電話など、その他の無線機器はそのまま使用することができます。
3.アンテナ素子のサイズを調整することにより、無線LANの周波数だけでなく、携帯電話、PHS、DSRC、RF-IDなど、さまざまな周波数の電波を選択的にシールドすることも可能です。(アンテナ素子サイズの都合により、周波数の組合せには制限があります。)

無線LAN用FSS(1波用)のシールド性能(例)
(※)掲載のデータは代表値であり、性能を保証するものではありません。


用途例

外部システムから到来する電波のチャンネルが使用する無線LANシステムのチャンネルと重なると電波干渉によって通信速度が低下する恐れがあります。こうした外来電波をシールドすることにより、快適な無線通信環境を実現することができます。

外来電波のシールド用途

無線LANシステムから外部へ放射する電波をシールドすることにより、情報の漏えいを防止し、セキュリティを確保することができます。

情報漏えいの防止用途

ページのトップへ


2.周波数選択性電波シールドカーテン/ロールスクリーン/シェード

窓部分への電波対策や、間仕切りとして手軽に、そしてフレキシブルにご利用いただけます(>20dB)。形状やデザインについては別途ご相談ください。

ダブルロールスクリーンタイプ
ダブルシェードタイプ

ページのトップへ


3.コンサルティング/サイトサーベイ

電波障害の原因はさまざまであり、それぞれの原因に応じて適切な対策を施すことが大切です。三菱電線工業では豊富な経験に基づいて電波環境改善に関するコンサルティングや計測(サイトサーベイ)も実施しております(有料)。お気軽にご相談ください。




オフィスビルでのサイトサーベイ結果の例(1フロア内での電波強度のマッピング) 窓から強い外来電波が侵入している事例です。

ページのトップへ


お問い合わせ

ページのトップへ