ホーム > 製品情報 > 製品群別 > 光ファイバ部品・光応用製品 > 大口径光ファイバ

光ファイバ部品・光応用製品

一覧へもどる

大口径光ファイバ

大口径ファイバ

特長

通信用光ファイバに比べてコア面積比が大きいため、レーザ等の大きな光エネルギを低損失で伝送することができます。またコア径が大きいため、比較的容易にコアへの光入射が行えます。

ファイバの種類

深紫外から近赤外まで、ご使用になられる光の波長に応じた光ファイバを取り揃えております。
ファイバの種類
注)本特性は円形コアファイバに適用されるものです。
方形コアファイバについては別途お問合せ下さい。

波長-損失特性

グラフは製品の品質を保証するものではありません。
  損失値の詳細についてはお問い合わせ下さい。




用途例

コネクタ付き光コード、レーザ伝送用光ファイバ(レーザガイド®)、バンドルファイバ(ライトガイド)


*レーザガイドは、三菱電線工業株式会社の登録商標です。

お問い合わせ

ページのトップへ