ホーム > 製品情報 > 製品群別 > 平角マグネットワイヤ MEXCEL®(メクセル®) > 平角マグネットワイヤ MEXCEL®とは

平角マグネットワイヤ MEXCEL®(メクセル®)

一覧へもどる

平角マグネットワイヤ MEXCEL®とは

電着絶縁による平角マグネットワイヤ MEXCEL®が高性能な極細平角線を実現します。

電気・電子機器分野では、高性能化・軽薄短小化・省電力化などが急速に進展しています。これに伴って電子基板上に実装されるコイルやノイズフィルタ、インダクタ、リアクトルなどの一層の小型化・高性能化が求められています。そのためには限られたスペースの中に出来る限り多くの導体を巻く必要があります。平角マグネットワイヤ MEXCEL®は極細から幅広まで、お客様のご要望にお答えできる優れた特性を有する平角線です。

1.特長
2.電着絶縁 MEDIS®とは
3.製造方法による特性比較
4.超薄膜絶縁平角線の断面
5.MEXCEL®によるコイル占積率の向上
6.エッジワイズ巻コイル
7.製造可能サイズ
8.仕様

1.特長

・当社独自の電着絶縁法 MEDIS®により均一性の高い、高品質な絶縁皮膜が得られます。
・皮膜厚さは1.5〜30μm。 超薄膜で絶縁できるため導体間の密着度が高く、スペースの無駄が
 少なくなります。
・電着絶縁によりコーナー部が厚めに絶縁されるためコーナーカバー性に優れ、耐電圧特性も
 良好です。
・導体は十分軟化しているため、コイル巻時の寸法精度が高くなります。
・整列ボビン巻や圧延工程のインライン化などの生産技術で、高い寸法精度と高品質を実現して
 います。

平角マグネットワイヤ MEXCEL® お問い合わせフォーム

ページのトップへ

2.電着絶縁 MEDIS®とは

当社独自の電着絶縁によるマグネットワイヤ製造方法です。
MEDIS®=Mitsubishi Electro Deposition Insulating System

MEDIS®は35年以上前から採用されている当社独自の電着絶縁によるマグネットワイヤ製造方法です。トランス・汎用モータ用の太物厚膜絶縁電線として豊富な実績があります。絶縁に使用される樹脂はエポキシ変性アクリル樹脂で、この樹脂を電気メッキの原理で導体表面に付着させます。樹脂粒子は絶縁の薄い部分を探すように付き回るので非常に均一な絶縁皮膜が得られます。また、コーナー部は電界集中により厚く絶縁されるためコーナーカバー性に優れ、耐電圧性能が高くなります。

平角マグネットワイヤ MEXCEL® お問い合わせフォーム

ページのトップへ

3.製造方法による特性比較

平角マグネットワイヤ MEXCEL®は極細平角線として優れた特性を有しています。

特性項目 平角導体上に
MEDIS®電着絶縁
(MEXCEL®)
ディップコート法(1)
(丸マグネットワイヤを圧延)
ディップコート法(2)
(平角導体上に
ディップコート)
巾/厚さの比
20倍以上も可
×
4倍程度まで
皮膜の均一性 ×
コーナー部に付着しない
耐電圧性
コーナー部を集めに絶縁
×
コーナー部に付着しない
耐ヒートショック性 ×
線の柔らかさ ×
総合評価

平角マグネットワイヤ MEXCEL® お問い合わせフォーム

ページのトップへ

4.超薄膜絶縁平角線の断面

絶縁皮膜の均一性やコーナーカバー性に優れています。

写真の黒い部分が電着による絶縁皮膜です。非常に薄く均一に導体周囲が絶縁されています。
この様な超薄膜絶縁でも電界集中により コーナー部が厚めに絶縁被覆されます。
導体寸法    0.025×0.75mm
電着絶縁層厚さ 0.0015mm
融着層厚さ   0.001mm


従来ディップコート法による平角線の断面

ディップコート法では導体周囲に均一に塗装するのが困難であるため、導体フラット部の絶縁皮膜の厚さが不均一になり、特にコーナー部の絶縁被覆が薄くなります。
導体寸法   0.080×0.80mm
絶縁層厚さ  0.008mm
融着層厚さ  0.004mm


MEXCEL®による高占積率コイルの断面

均一な薄い皮膜での絶縁が可能です。

導体間が均一な薄い皮膜で絶縁されています。
薄型面対向型ブラシスモータなどの非常に高い占積率を要求される部品に最適です。

平角マグネットワイヤ MEXCEL® お問い合わせフォーム

ページのトップへ

5.MEXCEL®によるコイルの占積率の向上

当社平角線によるコイルは導体間の密着性が高く、占積率が20%程度向上するため、丸線よりも大幅にコイルを小型化できます。

ヘッドホンステレオのステータに使用されるオムスビコイル


MEXCEL® = 87.3 % 丸線 = 63.8 %
導体占積率(%)=(導体断面積)/(コイル断面積) X 100


丸線によるコイルとの断面比較

平角線により占積率の高いコイルを得ることが出来ます。

(アルミ導体)
MEXCEL®コイルの断面
EDEB-X 0.19×0.49mm
丸線コイルの断面
AL-CB-EDW 0.34mm
いずれも同仕様のコイル (同断面積, 同ターン数)

   コイルのコンパクト化が可能
   占積率20%向上

平角マグネットワイヤ MEXCEL® お問い合わせフォーム

ページのトップへ

6.エッジワイズ巻コイル

         

[ エッジワイズ巻コイルの特長 ]

 エッジワイズ巻コイルに当社平角線を使用した場合、下記のようなメリットがあります。
 ・キャパシタンスが非常に小さい。
 ・占積率が高いため、コイルの小型化・薄型化が可能。
 ・抵抗値の減少が図れる。

[ 適用可能なコイル部品 ]

 スマートフォンやタブレット端末、モバイルPC、デジタルカメラなどの電子基板に使用さ
 れる表面実装用(SMD)コイル部品に適しています。
 ・小型コイル
 ・ノイズフィルタ
 ・パワーインダクタ
 ・薄型・小型トランス
 ・コモンモードチョークコイル
 ・リアクトル
 ・高電圧発生用トランスコイル(HIDランプ用など)も大幅に小型化・高性能化が可能

平角マグネットワイヤ MEXCEL® お問い合わせフォーム

ページのトップへ

7.製造可能サイズ



詳細(PDF)

平角マグネットワイヤ MEXCEL® お問い合わせフォーム

ページのトップへ

8.仕様

[ 導 体 ]

 銅

[ 絶縁皮膜厚さ ]

 超薄膜(1.5μm)〜厚膜(30μm程度)
 ご使用電圧(条件)に合わせた皮膜厚さが可能です。

[ 絶縁皮膜の種類 ]

 エポキシ変性アクリル樹脂Bタイプ(130℃クラス) 、 Fタイプ(155℃クラス)

[ 自己融着層 ]

 Bタイプ アルコール接着・熱風接着共可能。融点170℃
 Fタイプ 熱風接着のみ。融点200℃

[ 皮膜剥離方法について ]

 (1)アルカリ系剥離剤
 (2)機械剥離
 (3)レーザー剥離(YAGレーザースキャン)
 *直接ハンダ処理についてはご相談下さい。(ハンダ温度400℃以上)

品種 EDEB-X EDFB-X EDFF-X EDFR52-X EDFR6-X EDFR6-X(WC)
特性 自己融着
タイプ
自己融着
タイプ
高温融着
タイプ
通常品
(融着層なし)
可とう性
重視タイプ
高耐熱
タイプ
特徴 フラット
ワイズ
コイル向き
フラット
ワイズ
コイル向き
耐熱が必要な
フラットワイズ
コイル向き
エッジワイズ
コイル向き
エッジワイズ
コイル向き
エッジワイズ
コイル向き
絶縁皮膜
の種類
アクリル樹脂 アクリル樹脂 アクリル樹脂 アクリル樹脂 アクリル樹脂 アクリル樹脂
オーバー
コート層
種類
融着層
(ポリアミド)
アルコール可溶
融点 170℃
融着層
(ポリアミド)
アルコール可溶
融点 170℃
融着層
(ポリアミド)
熱風可溶タイプ
融点 200℃
ポリエステルイミド
自己潤滑タイプ
ポリアミドイミド ポリアミドイミド
耐熱
クラス
130℃ 155℃ 155℃ 155℃ 155℃ 180℃相当
皮膜厚さ
(μm)
1.5〜25 4〜30 4〜30 5〜30 5〜30 5〜30
ピンホール
(/m)
※皮膜厚さ
10μm
0 0 0 0 0 0
絶縁破壊
電圧規格値
(kX)
※皮膜厚さ
10μm
2.0〜3.0 2.0〜3.0 2.0〜3.0 2.0〜3.0 2.0〜3.0 2.0〜3.0
軟化温度
(℃)
250〜300 300〜350 300〜350 300〜350 300〜350 300〜350
柔軟性
密着性



整列巻取装置(当社独自技術−特許取得済み)

当社独自開発の整列巻装置によりスマートな整列巻きが可能に



納入形態例

写真は30km巻ボビンです。極細の平角線は従来のように乱巻では、線の曲がり・折れ・食い込み・ボビンツバ際の落ち込みなどが発生するため、コイル巻の際に断線やコイルの寸法不良が発生してしまいます。
当社で独自に開発した整列巻取装置により、ボビン交換時にも線を走行したままで整列巻きが可能になりました。

平角マグネットワイヤ MEXCEL® お問い合わせフォーム

ページのトップへ

関連ページ


*MEXCEL および メクセルは、三菱電線工業株式会社の登録商標です。
*MEDISは、三菱電線工業株式会社の登録商標です。

お問い合わせ

ページのトップへ